〜700兆円の新産業フードテック〜世界最先端のフードビジネスの情報を、どこよりもわかりやすく面白くお届け
オーツミルク カルディの画像

カルディで購入することができるオーツミルクは?口コミ評判も踏まえて紹介!

健康食品として人気のオーツミルク。カルディで購入することができます!

オーツミルクにはさまざまなブランドがあり、どこでどのブランドを購入することができるかわからない方も多いでしょう。

ここでは、カルディで購入することができるオーツミルクをまとめ、それらの口コミ評判を紹介しています。

オーツミルクとは

オーツミルクとは、オートミールやグラノーラなどに使われるオーツ麦(えん麦)から作られたミルクのことをいいます。

牛乳は牛の乳から搾乳されミルクとして加工し完成しまので、動物性のミルクとなります。

一方でオーツミルクはオーツ麦から作られたミルクなので、植物性のミルクです。

そのため、近年では乳アレルギーの人や動物性食品を避けるヴィーガン(完全菜食主義者)たちでも楽しめるミルクとして注目を集めている飲料となります。

食物繊維が豊富などの栄養面の理由で、健康志向の人やダイエットをしている人にも人気があり、牛乳、豆乳に続き「第3のミルク」とも言われています。

関連記事

近年、アーモンドミルクと並んで「第3のミルク」として注目を集めているオーツミルク。 食物繊維などの栄養素をたっぷりと含んでおり、健康にもよいといわれているオーツミルクにはどんな効果があるのでしょうか。 オーツミルクの効果から栄[…]

オーツミルクがもたらす効果とは⁉︎メリットを紹介

ダイエットや健康志向の人に注目を集めているオーツミルク。

そんなオーツミルクを牛乳の代わりに摂取することで色々なメリットがあります。

低カロリー、低脂肪で食物繊維も豊富

オーツミルクには栄養素が豊富で、特に食物繊維が豊富に含まれています。

さらに、オーツミルクに含まれている食物繊維にはベータカルテンが多く、悪玉コレステロールの低下、生活習慣病の予防、腸内環境の調整に役立ちます。

また、オーツミルクは植物性のミルクにもかかわらず、牛乳よりカロリーが低く低脂肪になっていますので、ダイエットに最適です。

乳アレルギーでも摂取ができる

オーツミルクは植物性のミルクなので、乳アレルギーな人でもミルクを楽しめることができます。

また、オーツミルクは牛乳と変わらず泡立てることができるため、カフェラテやカプチーノに使用することができます。

このことに注目した飲食店や洋菓子店は、オーツミルクを牛乳の代わりに使用し、アレルギー対応なカフェラテやケーキを販売しています。

乳アレルギーな方でもカフェラテやケーキが楽しめることは素晴らしいことですね。

オーツミルクのデメリット

オーツミルクを買う際にはデメリットになる部分もしっかり把握しておく必要があります。

デメリット要素もありますので、自分に合うオーツミルクを選べるようにしておくべきでしょう。

タンパク質が低い

オーツミルクに様々な栄養素が含まれていることがメリットとして挙げられますが、タンパク質は牛乳に比べると著しく低いものになります。

ボディメイクやダイエットなど、栄養価を細かく気にしている人には要注意するべきポイントになります。

取扱が少なく高価なものが多い

オーツミルクは取扱がすくないため、牛乳に比べて価格が高いものがほとんどです。

だいたい¥400〜¥500くらいの価格が相場です。

*詳しくは下記にカルディに販売しているオーツミルクの価格をご紹介していますので、そちらを参考にしてください。

カルディで購入ができるオーツミルクの紹介

カルディで購入できるオーツミルクは以下の3つです。

  • カリフィア(Califia)
  • マイナー フィギュアズ(Minor Figures)
  • GoGOOD

それぞれの特徴を紹介します。

カリフィア(Califia)は2021年11月まで購入可能

https://twitter.com/rapan1982/status/1439432640617009156

アーモンドミルクで有名なカリフィアファームズ。

カリーフィア・ファームズは、「カリフォルニアの自然の恵みを分かち合いたい」という想いの下、2010年に創業されました。

すべての商品は、カリフォルニア産の農産物を使用し、カリフォルニアの中心に位置する ベーカーズフィールドの工場で製造されており、環境意識も高い会社としても有名です。

生産拠点である工場は、エネルギー効率が良く、製造によって生み出される副産物の90%が色々な目的で再利用されています。

マイナー フィギュアズ(Minor Figures)は店舗によってカルディで購入可能

マイナーフィギュアズとはバリスタ、ロースター、カフェのオーナーなどのコーヒー業界のスペシャリストたちが運営しているコーヒー専用のオーツミルクです。

コーヒーに合うミルクとして開発されれおり、カロリーやGI値が低いのはもちろん、全て天然由来の原料で、保存料なども一切使用していません。

世界初の有機オーガニック認証オーツミルクとなっています。

砂糖を加えていないため、自然な甘味で飲みやすい上に牛乳に負けず劣らずなクリーミーさが特徴。

クセもなく程よいクリーミーさがコーヒーの風味を引き立ててくれます。

砂糖なしでも甘くて美味しいラテのような味わいが楽しめます。

マイナーフィギュアスとはイギリス発のオーツミルクブランド。

バリスタ、ロースター、カフェのオーナーなどコーヒー業界のスペシャリストたちが最高品質の機原材料を厳選し、コーヒーをより美味しく楽しんで頂くために植物性の乳製品の代替品を開発。

カフェラテに使用するのもいいですし、そのまま飲んでもお美味しいオーツミルクです。

Go:GOODのオーツミルクはカルディで購入可能

日本コカ・コーラ社が開発した日本発のオーツミルク。日本人の味覚に合わせて味を調整しているので初めてオーツミルクを試す方にとてもおすすめです。

なめらかでクリーミーな味わいは朝食後や午後の休憩時、リモートワークで疲れた時のひとときにぴったり。

まるでパッケージのなまけものの様に「スロータイム」を過ごしてみてはいかがでしょうか?

カルディのオーツミルクを比較

カルディで売られているオーツミルクを比較しました。

値段に比較

ブランド名製品名内容量値段
カリフィア(Califia)バリスタブレンド1000mL120円(賞味期限切れ)
マイナー フィギュアズ(Minor Figures)有機バリスタ1000mL929円(定価)
GO:GOODなめらかプレーン1000mL415円(定価)

そこまで大きな差はないのですが、カルディで販売されているオーツミルクは少々高いようです。

栄養成分の比較

ブランド名製品名エネルギーたんぱく質脂質炭水化物食塩相当量
カリフィア(Califia)バリスタブレンド54kcal0.4g2.9g5.8g0.1g
マイナー フィギュアズ(Minor Figures)有機バリスタ48kcal0.2g2.1g9.5g0.1g
GO:GOODなめらかプレーン60kcal 0.8 g2.3 g7.5g 0.1g
※100mlあたりの栄養成分

口コミ:カルディのオーツミルクの味は?

今回紹介したカルディに販売されているオーツミルク3商品の口コミを調べてみました。

ほとんど良い口コミばかりですね。

製品名口コミの味
カリフィア(Califia)そのままのんでも美味しい。砂糖が含まれていないので自然な甘味がある。
マイナー フィギュアズ(Minor Figures)常に冷蔵庫にストックしたくなる。ラテにするのも最高。
GO:GOOD牛乳よりも濃い口当たりで美味しい。一口目から甘味を感じる
https://twitter.com/OYUNOUMI/status/1467761782576263169?s=20
https://twitter.com/Min163/status/1336881634906234880?s=20

オーツミルクを使ったレシピ

オーツミルクを使った牛乳アレルギーの人でも楽しめるレシピをいくつか紹介します。

ミルクプリン

プリンの画像
材料
オーツミルク400ml
グラニュー糖20g
粉ゼラチン5g
砂糖40g
30ml
  1. オーツミルク200mlとグラニュー糖を鍋に入れ、中火にかけます。
  2. 砂糖が溶けきったら、残りのオーツミルクを入れ、火を止めます。
  3. 粉ゼラチンを加えてよく混ぜます。
  4. 氷水上でボウルの中を混ぜ冷やしていきます。
  5. とろみがついたら型に入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。
  6. カラメルソースを作ります。
  7. 盛り付けて完成。

パンケーキ

パンケーキの画像
材料
オーツミルク100ml
小麦粉125g
ベーキングパウダー4g
砂糖20g
少々
たまご1個
ヨーグルト20g
バター15g
  1. 耐熱容器にバターを入れ、ラップをかけ500w 10秒間電子レンジにかけます。
  2. 小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をボウルに入れておきます。
  3. そこに、たまご、ヨーグルト、オーツミルクを入れてよく混ぜます。
  4. 溶かしたバターを入れて、トロトロになるまで混ぜます。
  5. 中火にかけたフライパン上に生地を流し、表面に泡が出たら裏返し焼きます。
  6. 盛り付けて完成。
>次世代の食を伝えるーFOODTECH HUBー

次世代の食を伝えるーFOODTECH HUBー

700兆円の新産業フードテックの情報を伝える国内有数のメディア。 次世代の「食」について、どこよりも分かりやすく質の高い情報をお伝えしていきます。